熊本の人事・労務管理のことなら社会保険労務士事務所プロセスコア。社会保険労務士・山下謙治。

「成功体験の大切さ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨日、鹿児島で行政書士事務所と社会保険労務士事務所を
 
開設している叔父の家に2年ぶりぐらいに遊びに行ってまいりました。
 
叔父は、私が社会保険労務士を志すきっかけを与えて頂いた方で、
 
6~7年程前には社会保険労務士の実務勉強の為に住みこみで
 
勉強させて頂いこともあり、私の今までの人生の中で大変お世話に
 
なった方の一人です。
  
 開業してから御挨拶に行かなければと思っていたのですが
  
ついつい仕事を優先してしまい、行くことができていなかったのですが
  
 昨日久しぶりに伺うことができました。
  
 叔父はとにかくサービス精神旺盛な方で、その人柄からか顧問先数も
  
  多く、(自分が開業して初めて分かる叔父の凄さというか)甥っ子という
  
 ひいき目抜きにして鹿児島県の社会保険労務士として成功された方の
  
 一人だと思います。
  
 きっと叔父という近い立場でなければ、ちょっと話しかけるのを遠慮して 
  
 まうような「大御所先生」なのでは?という方です。
 
その叔父が夕食の談話の中で「自分がこうと(目標や夢を)決めたら 
 
そんな風になっていくんだから夢や目標をしっかり持たないといけない」 
 
と言われました。その言葉は以前住みこみでお世話になっていた時から 
 
繰り返し聞かされた言葉であり、「確かにそのとおり!」と納得したのですが 
 
当時住みこみをしていた頃の私はそんな風に受け取ってはいませんでした。 
 
どんな風に受け取っていたかというと 
 
「そうかもしれないけど他の人はどうか分からない」 
 
「そんなに世の中うまくいかない あまくない」 
 
というような気持ちがあり、半信半疑でした。そんな風に受け取っていた
 
自分が「そのとおり!」と思えるようになってきたのは何でだろうと考えると、
 
仕事の厳しい場面や逃げ出したい場面を逃げずにこなしてきたことや
 
一つ一つやると決めたことを確実にやり遂げること
 
そうした一つ一つの成功体験の積み重ねが自信になって
 
「自分がこうと決めたらそんな風になっていくんだから」という言葉に
 
納得できるようになってきたと思います。
 
ということで日々の自分に課したノルマをどれだけ達成していくかが
 
自分の可能性の枠を広げたり狭めたりするということをより意識して 
 
日々過ごそうと思います。
 
(ということでブログも当然週一更新は続けますよー!<`~´>
 
叔父さん、叔母さん、トシ○○くん、お邪魔しましたー! 
 
昨日は遅かったので今日は早めにお休みになられて明日に 
 
備えてください。<(_ _)>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

   

  

  

   

→社会保険労務士事務所プロセスコアのホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加