熊本の人事・労務管理のことなら社会保険労務士事務所プロセスコア。社会保険労務士・山下謙治。

「気配りの勧め」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週はブログに書きたいと思うことがほんとに

盛りだくさんの週でしたが、その分肝心のブログを

書く時間が短くなってしまいましたので、その中でも

私が尊敬している、熊本で知る人ぞしるカリスマ社長の

Sさんから聞いた「気配りの勧め」についての話を

書きたいと思います。

————————————————————

今週、私が所属している、JC(熊本青年会議所)の

先輩 MさんとシニアのS社長(熊本青年会議所は

40歳までしか加入できず、40歳を過ぎた人は卒業し、

シニアと呼ばれています。)から飲みのお誘いを頂き、

ご一緒させて頂く機会がありました。

飲み会の席で、JCで自分が役職について人をまとめる

立場に立った時にいかに周りの人を動かしていくか?

味方を作り協力を得ていくか?(JCのメンバーは、経営者

の方が多いのでみなさん頭もいいし、プライドもある、

年齢もバラバラで、忙しい仕事の合間を縫って参加して

いる方が多いのでまとめるのは容易ではない)という話を

していた時にその一つの要素として、S社長と、M先輩は

「気配り」ができることが必要だと口を揃えて言われました。

例えば、飲み会の席で例をあげるとするならばお酒の席で

空いてるグラスがあれば、注文の確認をとったり、お酒を

つくったり先輩の飲む煙草の銘柄をこっそり覚えておいて

タイミングをみて差し入れをしたりエレベーターに乗る前に、

必ず自分が前にでてボタンを押してすぐに乗れるように配慮

したり先輩に何かおごってもらう機会があれば、必ず翌日に

電話でお礼を伝えたり等々・・

飲み会の席に限らず、そうしたちょっとした気配りが日頃から

自然とできる人は、周りの人から「こいつ(気配り)分かってるな~」と

思われ、かわいがられるので自然と多くの人の強いサポートを

得られることにつながるんだと口をそろえて言われました。

実際、その飲み会の席でM先輩がS社長に対して煙草の

差し入れをされたのですが、煙草をもらわれたS社長はほんとに

うれしそうでしたし、M先輩から日頃からそうした気配りを受けて

いるので他の後輩よりM先輩がかわいいし、何か困った際には、

絶対に協力を惜しまないとの強いお言葉をまじかで聞いたので

「なるほど~合点!」と納得してしまいました。

S社長から、「仕事ができることも大事だけど、仕事以外のことも

たくさんせんといかんよ。本からは学べない人間関係(上下・横)を

JCでたくさん学ぶように」とお言葉をかけて頂きました。

他にもその飲み会ではS社長とM先輩からすばらいし語録が

いっぱい飛び出してご紹介したいのですが・・・今回のブログはここまでということで・・・

今週はちょっと予定入れすぎてよくばりすぎた感がありましたので

反省として月曜からはぎすぎすに予定を入れないことと時間配分を

考えて動こうと思います。(完全に個人的なことですが戒めとして

書かせて頂ききました。)

GWもうまじかだけどがんばっぞー!

 

→社会保険労務士事務所プロセスコアのホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加