熊本の人事・労務管理のことなら社会保険労務士事務所プロセスコア。社会保険労務士・山下謙治。

新分野進出等にかかる中小企業基盤人材確保助成金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.概要

 創業、異業種進出(新分野)進出に伴い、会社の中核となる従業員

(新分野進出等基盤人材※)及びそれ以外の一般労働者を雇い入れた

 事業主が支給を受けることができる助成金です。

 新分野進出等基盤人材とは・・・事務的・技術的な業務の企画・

 立案、指導を行うことができる専門的な知識や技術を有し、

 部下を指揮・監督する業務に従事する係長相当職以上の者で

 年収350万円以上(賞与を除く)で雇用される方となります。

2.主な受給要件は以下のとおりとなります。

・雇用保険の適用事業の事業主であること

・創業や異業種進出の準備を始めてから6ヶ月以内に都道府県知事から

 新分野進出等に係る改善計画の認定を受けていること

・創業や異業種進出に伴う施設又は整備に要する費用が200万円以上

(熊本県の場合)負担していること

・労働関係帳簿(労働者名簿、賃金台帳、出勤簿等)を整備、保管していること

3.受給額

 熊本県の場合は、

 基盤人材1人当たり210万円(1企業あたり5人まで)、

 一般労働者については40万円(基盤人材と同数が限度)

 ※半年に分けて2回支給されます。

4.受給のためのポイント

  創業期のもっとも大事な時期に優秀な社員を実質低い人件費で雇用することが

  可能です。

  事業を進めるうえにあたり、、基盤人材を雇用する妥当性があるのかどうか?

  まずその点を十分に検討されてください。

詳細については、下記アドレスをご確認ください。

http://www.ehdo.go.jp/gyomu/kiban.html

 

→社会保険労務士事務所プロセスコアのホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加