熊本の社会保険労務士・人材コンサルティングなら

〒862-0950熊本県熊本市中央区
水前寺6-46-27REGALIA SUIZENJI 3F

アクセス

お電話でのお問い合わせ
営業時間:平日9:00~18:00

096-342-4558

最低賃金改定と助成金情報について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは

プロセスコアの山下です。

 

10月も後半にさしかかりましたね。

 

例年感じるのですが、この時期はいろいろな

催しや講演会等が目白押しの印象があります。

「勉強の秋」といった感じでしょうか?

 

 

先週末、参加した講演会の最後の挨拶をされ

た方の一言の中に印象に残った言葉があった

ので紹介させて頂きます。

 

 

「(講演の)話を聞くのは

 その人の持っている知識や情報、経験を

 分けてもらえるので有り難い機会である」

 

 

「話を聞いてあまり得るものがなかった

 ともし感じたときは、まだまだ自分の

 受け取る力が足りないと考えた方がいい」

 

 

その言葉を聞いて常に学び、活かそうとする

「姿勢」や「謙虚さ」の大切さを改めて感じ

ました。

 

 

常日頃の「学びの機会」を大切にして

いきたいものですね。

 

 

今回のメールマガジンのトピックは

以下の通りです。

 

====================

1. 10月からの最低賃金引き上げに伴い、
  月給者について最低いくら保障しない
  といけないのか?

2. 業務改善助成金のご紹介

3. 勤務間インターバル助成金制度について
    熊本県予算上限到達のご連絡

====================

 

 

では、1つ目のトピックについて

 

以前のメールマガジンでもお知らせしました

が、 10月から最低賃金が引き上がります。

熊本県は、762円から790円に変更となります。

 

 

一気に28円アップ…例年引き上げが続いて

いますが、この傾向は政府の意向を考慮する

と今後も続くことが予想されています。

 

 

従業員の方の中に時給が今回の最低賃金の

790円よりも低い方がいる場合は、10月分

給与から790円以上に引き上げが必要です。

ご注意ください。

 

 

その他の県の最低賃金引き上げ額については

下記リンクからご確認ください。

  ↓ ↓

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

 

最低賃金の計算方法も下記に掲載しております。

(1) 時間給制の場合

  時間給 ≧ 最低賃金額(時間額)

 

(2) 日給制の場合

  日給 ÷ 1日の所定労働時間 ≧ 最低賃金額(時間額)

 

(3) 月給制の場合

  月給 ÷ 1ヶ月平均所定労働時間 ≧ 最低賃金額(時間額)

 

なお、最低賃金の対象には、次の賃金等は

含まれませんのでご注意ください。

  結婚手当などの臨時の賃金

  賞与などの1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金

  時間外割増賃金・・・固定の時間外手当ても対象外です!

  休日割増賃金

  深夜割増賃金

  精皆勤手当

  通勤手当

  家族手当

 

 

(本題の月給者には最低いくら保障しないと

 いけないのか?ですが)

熊本県の一般の業種の最低賃金を保障した場合の

月給の目安として、

790円 × 173.5h

(根拠 ⇒ 年間 365 日 ÷ 7 日 × 1 週 40h ÷ 12ヶ月)

 =137,065円  →  約137,500円 を月給として

 保障しなければなりません。

 

 

1週44時間の法定労働時間が認められている、

以下の業種については、

 

卸売業、小売業、理美容業、倉庫業、その他の商業、

病院、診療所、社会福祉施設など保健衛生業

旅館、飲食店、ゴルフ場、公園・遊園地

その他の接客娯楽業

 

 

一般的な目安として、

 790円 × 191h

 (根拠 ⇒ 年間 365 日 ÷ 7 日 × 1週 44h ÷ 12ヶ月)

 =150,890円  →  約151,000円 は月給として

 保障しなければなりません。

 

 

企業の人事担当者様におかれましては

ご注意ください。

 

 

===================

2. 業務改善助成金制度について

===================

 

企業内の最低時給者のベースアップを検討

されている企業様にお勧めの助成金制度です。

 

 

「業務改善助成金」という助成金制度は、

生産性向上のための設備投資(機械設備、

POSシステム等の導入)などを行い、事業

場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、

その設備投資などにかかった費用の一部が

助成される制度です。

 

 

主な支給要件は、従業員数規模30人以下の

企業でかつ、企業内で最低時給者の時給を

30円以上アップすることがあります。

 

 

制度の概要は、下記から確認できます。
   ↓↓
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/zigyonushi/shienjigyou/03.html

 

詳細な説明を希望される企業様は、弊所担当

スタッフまでお問い合わせください。

 

 

===================

3. 勤務間インターバル助成金制度について

  熊本県予算上限到達のご連絡

===================

 

4/24 のメールマガジンでご紹介しました、

時間外労働等改善助成金

「勤務間インターバル導入コース」

 ( ↓↓ 詳細はこちらから確認できます。)

http://process-core.com/sr-kumamoto/roumudoukou2019-4.html

ですが、熊本県予算の上限に達したとの

報告がありました。

 

 

予算上限に達した県には、他県の予算を

厚生労働省にて分配するとのことですが、

予算の関係上受付順の交付決定となるよう

です。

(よって窓口で交付申請書を受理されても

 必ずしも交付決定になるとは限りません)

 

 

生産性向上を目的とした設備投資をお考えの

企業様はお早めに弊所担当スタッフまで

ご連絡下さい。

 

 

今回のメールマガジンは以上です。

お読み頂き、ありがとうございました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。