MENU

熊本の社会保険労務士・人材コンサルティングなら

お電話でのお問い合わせ
営業時間:平日9:00~18:00

〒862-0950熊本県熊本市中央区
水前寺6-46-27REGALIA SUIZENJI 3F

受給できる助成金があれば積極的に利用したいので情報を入手したい
助成金の申請をアウトソーシングすることで受給できる助成金制度をしっかり利用したい・・・

上記のようなお悩みを持つ企業様は少なくありません。

利用できる助成金制度があるにも関わらず、情報が入らず、情報が入ったとしても社内で申請を行うだけの
マンパワーを備えていないために申請を断念しているケースが多く見られます。
プロセスコアに委託頂ければ、最新の助成金情報の提供と併せて、受給可能な助成金制度の提案、
申請の代行のための進捗管理、書類作成を行い,企業の「お金」という経営資源を補填するお手伝いをさせて頂きます。

「助成金」とは?

厚生労働省の管轄で取扱っている支援金のことを助成金と呼びます。

助成金は条件さえ満すことができれば、受給することができ、返済する必要はありません。新規雇用やスキルアップのための研修 など、従業員の対応をしっかりしている企業を支援するために設けられている国の企業支援制度です。

助成金申請件数は年間120件以上
プロセスコアは助成金のプロフェッショナルです。

助成金は誰でも申請できますので、企業で申請することは可能です。 しかし、どの助成金も、条件が細く設定されているので、知識がないと厳しいところが多々あります。 就業規則等専門的に作らないと審査には通らない場合も多いです。経験や専門知識不足によって、申請するに至らなかったり、 不受理されることがないよう、専門家に任せることをお勧め致します。

プロセスコアでは、年間120件以上の顧問契約を締結させて頂いているお客様企業の助成金申請代行をさせて頂いております。 その実績と経験値で、ご面倒なお手続きを代行いたします。申請から受給まで安心してお任せください。

助成金受給までの流れ

助成金の申請から受給までには、種類にもよりますが最近ですと大体6ヶ月から1年以上の時間が必要で、多くの工程がかかります。

専門家としてまず要件の把握、お客様にやって頂くこと、プロセスコアが行うことの内容を整理・伝達し、 すべての工程の進捗管理を行い、受給までのサポートを行っております。

img

STEP.1 助成金のご相談

まずは助成金についてご相談頂いてから、クライアント企業様の業務内容にあったものをご提案させて頂きます。 助成金申請にあたっての取り組みの準備と実施のサポートを致します。

img

STEP.2 申請書を作成し申請窓口へ提出

申請に必要な書類を作成と、申請窓口へ申請の代行をさせて頂きます。助成金は頻繁に内容が更新されますのでチェックが必要です。

img

STEP.3 行政の審査

申請が完了しましたら、その申請内容について行政の審査が行われます。

厳しい審査が必要な補助金の受給申請とは異なり、助成金は対象となる事業を行っているかどうかが重要となり、 必要な条件を満たしていれば、ほどんどの事業者が受給することができます。

img

STEP.4 審査通過、助成金の支給がスタート

助成金の申請から受給までには、申請する種類によって異なります。具体的には取り組み期間の長さで変わってきます。 取り組み期間+申請までの期間+支給決定が降りる迄の期間が助成金支給までの期間となります。

また、審査の窓口の込み具合によっても時間がかかる場合がありますので、3月などの繁忙期を避けることでより早い支給を受けられることができます。

よくあるご質問

img

どれだけ種類がありますか?

img

助成金の種類は、そのときの国の政策によっても増減しますが、50種類以上もあります。

その中には、申請することが容易なものから、条件がかなり厳しいものまで様々な種類があります。 プロセスコアでは、多数ある助成金の中から、企業ごとの状況に合わせた受給可能なものをご提案させて頂きます。

img

助成金が受け取れないこともありますか?

img

はい、あります。

労務関連の法律に違反した場合や申請期限を過ぎると不受理となります。申請から受給まで法律面でも サポートしてくれる専門家がいないと難しいのが現状です。どうぞお気軽にご相談ください。

img

実際に助成金申請している会社は多いのですか?

img

はい、助成金は返済の必要がないので、有効利用されている企業様は多いです。 特に、スタートアップ企業や中小企業は大いに活用されています。

助成金は、国から申請を促されることはなく自発的に申請するものなので、助成金について知っていないと申請も受給もできません。 受給可能かどうかを知るためにも、どうぞ専門家へ一度ご相談ください。