熊本の社会保険労務士・人材コンサルティングなら

〒862-0950熊本県熊本市中央区
水前寺6-46-27REGALIA SUIZENJI 3F

アクセス

お電話でのお問い合わせ
営業時間:平日9:00~18:00

096-342-4558

就職難でも大企業志向、中小企業のメリット周知課題

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月9日経新聞から↓↓

 今春卒業を予定する大学生の就職内定率は

2010年12月時点で68.8%と、09年の

同時期を4.3ポイント下回り過去最低となった。

 

ただ就職情報サービスのディスコ(東京・文京)に

よると、中小企業の選考に応募した学生は

全体の5割強にすぎない。採用意欲の高い

中小に、大企業志向の強い学生の目を向け

させるため、国などの対策が広がり始めている。

そのひとつが厚生労働省と文部科学省が

実施する「卒業前最後の集中支援」。

 

中小企業を主な対象とする就職面接会を、

3月末までに全国で計135回開く。

こうした場を活用し、自社の強みや経営の安定性、

少人数ならではの仕事のやりがいなどをどうPR

するかが中小の課題になる。

中堅以下の大学や地方大学の学生の内定率は

特に低く、3月まで諦めずに就職活動を続ける

人も多いという。

地方の中小には、内定率の低い地元の大学との

結びつきを強める活動も重要だ。中小への就職では

学生の親が難色を示す場合もある。そのため、

「親を対象にした内定者懇談会なども必要では

ないか」(就職支援会社)との指摘も出ている。

以上↑↑

この記事を読まれて皆様

どう思われたでしょうか?

私は、就職難だからこそ、学生は大企業の持つ安定

のイメージに惹かれ、大企業に目が向いているので

ないかと考えます。

この傾向は、優秀な人材の大企業集中、

大企業=東京、大阪等の都市圏の人材の集中

さらなる中央と地方の格差を増長するのでは

ないかと考えます。

プラスとしてとらえるとすれば、就職難なので

大企業におしくも採用されなかった優秀な学生を、

一から育てるだけの体力をつけた中小企業であれば

採用するチャンスだともいえます。

先日ブログでご紹介させて頂いた、高校生対象の

就職フェアのように自社のアピールをいかにうまく

できるかが決め手になってくると思います。

またそうした活動を支援していくことが、今後の

社会保険労務士事務所の役目の一つだと

考えます。