熊本の社会保険労務士・人材コンサルティングなら

〒862-0950熊本県熊本市中央区
水前寺6-46-27REGALIA SUIZENJI 3F

アクセス

お電話でのお問い合わせ
営業時間:平日9:00~18:00

096-342-4558

茂木健一郎氏が語る「売れない時代に売れる」法則はあるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「「売れない時代に売れる」法則はあるか?」

という商売人の心をくすぐるテーマ(皆様ご存知、

脳科学者 茂木健一郎氏が書いたコラム)

2011.5.18号PREGDENT別冊に掲載

されており、その記事を読んでインスピレーション

受けたのでご紹介させて頂きます。

以下大事なところを掻い摘んで記載しております。

 

売れる商品とは、脳の欲望が具現化したもの。

人間の脳は慣れ親しんだ「定番性」と、

アッと驚くような「サプライズ」を好みます。

例えば、iphoneをそのまま、コンピュータとして

売り出していたら、ここまで爆発的な売れ方は

しなかったはずです。

「電話です。」と売り出しておきながら、その実

「中身はネットワークに繋がる

コンピュータだった。」

という意外性があったからこそ、iphoneは大ヒット

したのです。~

~すべてのヒット商品は、「定番性」×「サプライズ」で

説明がつくのではないでしょうか?

では今後は、どうなるでしょうか?私が予想するに、

これからはさらにそこに「ネットワーク性」が加わってくると

思います。ソーシャルフィルタリングというのでしょうか?

自分でグーグル検索するまでもなく、

お勧め情報が向こうからやってくる

時代です。

それを可能にしたのがフェイスブックであり、

ツイッターなのです。~

以上。茂木さんは、さらにもう一つ大事なポイント付けくわえて

いらっしゃいますがそれはぜひ書籍をご覧頂ければと思います。

ご紹介させて頂きました、このPREGEDENT別冊には、冒頭にソフ

トバンク社長 孫 正義氏が予見する300年後の

未来について書かれてあってわくわくさせら

れたりと、定価600円でこれだけインスピレーションを受けれる

のならむちゃくちゃ安い!!!

ぜひ関心のある方は書店へ(別にPRESIDENTの営業マンでは

ありませんのであしからず・・(笑))