熊本の人事・労務管理のことなら社会保険労務士事務所プロセスコア。社会保険労務士・山下謙治。

若者の働き方に関する意識調査から分かること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。プロセスコアの山下です。

長いGW期間が過ぎ、皆様いかがお過ごし

しょうか?

お客様から

連休も通常通りお仕事をされていたという声を

お聞きしたり、

 

連休が長く、かえって仕事が溜まってしまったと

いう声をお聞したりと、(弊所もどちらかというと

後者に当てはまっておりますが、、、^^;)

それぞれ大型連休についての休日数やシフトの

調整について考えられる点が多かったのでは

ないかと思います。

 


休日が多かった分、平日の残業が多くなって

本業に支障がでるようではいけませんし、

1ヶ月や1年といった長いスパンで見た際に

労働時間が適正な範囲に収まっているのか、

生産性が向上しているのか、検討して

いく必要があると思います。

 


さて、今回のメールマガジンは、求人対策を

考える上で重要な、若者の働き方に関する意識調査

について触れたいと思います。

 

======================
今回のトピック

若者の働き方に関する意識調査から分かること
======================

 

「求人を出しても応募がこない」

「応募はあるけど、応募者数が少なくて良い人が

 こない、選べない」

 


そんな悩みをお客様から聞かない日はないぐらいの

状況下になってきているように感じます。

 

 

この状況下を少子高齢化だからという外的環境の

理由にして何も行動に移さないと企業の成長は

おろか、淘汰される厳しい環境下に入ってきて

いると思います。

 


では、求人対策として何をすれば良いのか?


国内での採用を考えていく上でまず重要なことは、

相手を知ること…今の若者の考え方を知ることから

始まると思います。

 

 

そこで今回のメールマガジンは、

日本最大級の求人情報サイト、エン・ジャパンが

運営する総合求人/転職支援サービス「エン転職」が

2017年9月29日に行った、「仕事の価値観」について

のアンケート調査結果について触れたいと思います。

(調査は、エン転職を利用する20代の男女を対象とし、

 2287人から回答を得たものです。)

 


アンケート結果が掲載されているサイトは下記から

閲覧できます。↓↓

https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1710/10/news050.html

 


20代の若者が「仕事に求めること」の調査結果に

よると

 


上位順にいうと

1位が「プライベートを大切に働けること」(59%)

2位が「人間関係の良い職場環境で働けること」(55%)

3位が「自分らしい生活ができること」((40%)

 

 

であり、下の順位は、

6位「より多くのお金をもらうこと」(36%)

7位「人や社会に役に立つこと」(34%)

8位「専門スキルや知識が身につくこと」(33%)

 

 

となっていました。

このデータを見ると、

企業側の視点では、給与を上げれば人が集まると

考えがちですが、それだけでは足りず、また、

必ずしも給与が高い企業でないと人が集まらない

わけではないともいえると思います。

(あまり同業他社と比較して低いと問題

 ですが、同業他社の中でできれば上位3.4割に入る

 くらいを目安にして良いと思います。)

 


また、「仕事をする上でやりがいを感じること」に

ついての調査結果は、

 


上位順にいうと、

1位「スキルアップや自分の成長を実感すること」53%

2位「興味のある分野の仕事をすること」40%

3位「自分の提供した仕事に対して顧客が満足すること」39%

 

 

とあり、下の順位に

6位「新しいことに挑戦すること」

7位「責任ある仕事を任されること」

   「尊敬できる上司や先輩と仕事をすること」

8位「チームで仕事をすること」

 

となっており、個人の成長や自分の適性に

あった仕事を通じて人の役に立ちたいという

欲求が強いことが伺えます。

 

 

(私の個人的な感想ですが、20代の人達と

 交流する中で感じることは、40代以降では

 当たり前のように思われがちな、

 社会人としての「〇〇すべき」とか、

 「○○しなければ」といった、いわゆる社会常識

 を固定概念のように若者に当てはめようと

 すると非常にコミュニケーションギャップ

 というかズレを感じてしまうような気が

 しています。)

 

 

このデータ結果を素直に読み解くと、

自社の求人サイトや求人広告媒体に掲載する情報に

ついて、以下の情報が記載していく必要が

あるでしょう。

 


「仕事だけでなく、個人のプライベートの時間も大切に

している企業であることが分かるものになっているか?」

「人間関係の良い職場環境であることが伺い知れる

ものになっているか?」

 


また、

 


「新人から経験を積むことでどのようなキャリアを

 積めるのか?

キャリアプランをイメージさせるものがあるか?」

「職種に応じてどのような適性を持つ人が

 向いているか? 」

「仕事を通じてどんなやりがいを 感じることが

 できるのか?」

「自分のした仕事が誰にどんなふうに喜んで

 もらえるのか?」

 


(※注意書きとして

 あくまで統計データですので、すべての人に上記の

 ような傾向が当てはまるわけではなく、

 自社の企業に必要な人材はどんな人材か?という点も

 併せて検討していく必要があると考えます。)

 


皆様の求人サイトや求人情報の内容は

いかがですか?

ぜひ一度チェックしてみて頂ければと

思います。

 

 

(アンケート結果が掲載されているサイトは下記から

 閲覧できます。↓↓)

https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1710/10/news050.html

 


今回のメールマガジンは以上です。

お読み頂き、ありがとうございました。

→社会保険労務士事務所プロセスコアのホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加