熊本の社会保険労務士・人材コンサルティングなら

〒862-0950熊本県熊本市中央区
水前寺6-46-27REGALIA SUIZENJI 3F

アクセス

お電話でのお問い合わせ
営業時間:平日9:00~18:00

096-342-4558

労務に関する最近の動き 2021.9

このエントリーをはてなブックマークに追加
         

9/3 から 9/16までのニューストピックスです。

○●○最近の動き(Topics)━━●○●
直近1ヶ月から2ヶ月の労働行政の動きや新聞記事を纏めたものです。
今後の人事・労務関連の次の一手を打つための情報として、是非ご一読下さい。
1. 脳・心臓疾患の労災認定基準が改正(9月16日)
2. 雇用保険料 引上げ議論開始(9月9日)
3.小学校休業等対応助成金が再開(9月8日)
4.スマホでワクチン接種証明書(9月5日)
5. 雇調金不正受給が12億円超(9月3日)
○●○━━━━━━━━━━━━━━●○●

1. 脳・心臓疾患の労災認定基準が改正(9月16日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
労働者が脳・心臓疾患を発症した場合の労災認定基準が20年ぶりに改正され、15日から運用が始まった。従来の基準では、発症前1か月間に100時間または2~6か月間平均で月80時間を超える時間外労働は発症との関連性が強いと判断されていたが、新しい基準では、上記の水準には至らないがこれに近い時間外労働があり、かつ、一定の負荷(勤務間インターバルが短い勤務や身体的負荷を伴う業務)があれば発症との関連が強いと判断される。

2. 雇用保険料 引上げ議論開始(9月9日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省は8日、来年度以降の雇用保険率の引上げに向けて議論を始めた。雇用調整助成金の支給総額が4兆円を超えており、今秋にも財源が枯渇するとみられている。同省は年末までに労働政策審議会での議論を踏まえて方向性をまとめ、来年の通常国会に雇用保険法改正案の提出を目指す。

3. 小学校休業等対応助成金が再開(9月8日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省は、3月末に終了していた「小学校休業等対応助成金・支援金」について、今年8月以降12月末までの休暇を対象に再開する予定と公表した。勤務先が申請を拒否した場合には個人で申請でき、フリーランスも対象とる。受付の開始日や助成金の上限は、近く発表予定。

4. スマホでワクチン接種証明書(9月5日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
政府は新型コロナワクチンの接種証明書を12月からオンラインで発行し、スマホで表示できるようにする。証明書の申請もオンラインで済むようにする。 本人確認のためマイナンバーカードも使う方針。出入国用に空港などで使う想定だが、国内の活動に使うことも検討する。

5. 雇調金不正受給が12億円超(9月3日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
雇用調整助成金の不正受給が、昨年春から今年8月19日までに全国で132件発生し、合計で約12.3億円に上ることがわかった。悪質な事例には厚生労働省が刑事告発も検討するという。不正の疑いで支給されなかったケースも119件、約8.3億円分に上るという